ボリンジャーバンドを学んで勝率を上げる方法|価格の大半がこの帯の中に収まる

テクニカル分析で使うインジケーターは数多く存在し、いくつか組み合わせて分析することで、勝率を上げていきます。

 

以前解説した移動平均線も人気で、使いやすいものです。今回も人気の高いテクニカル分析のインジケーターのボリンジャーバンドを解説していきます。

 

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、移動平均線と標準偏差で構成されている為替の値動きの幅を表すテクニカル指標です。1980年頃、アメリカのジョン・ボリンジャー氏によって考案され、値動きの幅が帯状なることからボリンジャーバンドと呼ばれています。

移動平均線と同様に世界中で多くのトレーダーが活用しているツールです。

 

平均と偏差が用いられています。中学や高校の時のテスト結果の偏差値がイメージしやすいと思います。移動平均線は相場の平均を表し、このテストなら上下にこれくらいの点数の生徒が分布しているよと考えてください。

 

為替相場にトレンドが発生して激しく値動きする場合はバンド幅は広くなり、保ち合いのレンジ相場では値動きが少ないためバンド幅も狭くなります

 

ボリンジャーバンドの上下の線

ボリンジャーバンドには中央に移動平均線があり、上下に2本ないし3本の線があります。使う証券会社や設定により異なります。

 

source:外為オンライン

 

上記チャートは上下ラインが±2σ(シグマ)のチャートになります。中心の青の線が移動平均線、±1σは緑、±2σは黄色で示されています。

 

このボリンジャーバンドの±1σ、2σ、3σにはローソク足がどれくらいの確率でバンド内に収まるかを表します。

 

真ん中の移動平均線より±1σ内に68.27%

真ん中の移動平均線より±2σ内に95.45%

真ん中の移動平均線より±3σ内に99.73%

 

このようになりますので、+2σと-2σのボリンジャーバンドの中に約95%の確率でローソク足が入ると予想できます。そういう意味で+2σのラインをローソク足が上回る場合は買われ過ぎの状態と考えられ、反対に-2σのラインをローソク足が下回る場合は売られ過ぎの状態と考えられます。その場合は適正な価格に戻ることが予想できると言えます。

 

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドの使い方として、逆張り手法順張り手法などがあります。

 

逆張り手法の使い方は±2σ内に95.45%のローソク足が収まることから、±2σを超えたところで戻るのを予想した手法となります。しかしながら、逆張りでの使用をボリンジャーバンドのみで行うことは推奨していません。

 

確かに約95%の確率で収まるテクニカル手法ですが±2σを超えるということは、トレンドが発生し、大きく広がる場合に多いです。トレンドが発生すれば価格が戻ることよりもむしろ順張り手法でトレンドに乗るトレードが理想的です

 

ボリンジャーバンドは逆張り、順張りなど様々な使い方があります。基本的には順張り手法でレンジ相場からトレンド相場に変化する指標として使い、エントリーポイントの分析をするのがダマシは少なくなるでしょう。

 

ボリンジャーバンドの使用法を詳しくまとめた無料レポート

その他FXの基礎知識も学べます!

↓こちらからダウンロード↓
毎月60万の利益!GENKI FX マニュアル

FXのテクニカル分析の基本|移動平均線の使い方

FXのテクニカル分析の中でも人気の高いのが移動平均線。ある期間の価格の平均値を計算して、その値を線であり、世界中で最も使われているツールの一つです。では、実際どのような使い方をするのでしょう。

 

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線の主な使い方は、短期移動平均線と長期移動平均線がクロスしたときにエントリーするというもの。

 

その前にゴールデンクロスとデッドクロスとは何か見ていきましょう。

 

ゴールデンクロスとはFXのトレードをする際の「買いシグナル」になります。線の交わり方は短期線が長期線を下から上へ突き抜ける状態になります。

 

 

図に表すとこのような状態です。短期線が長期線を下から上へ突き抜けるときは価格が上昇するサインになることが多く、エントリーポイントとして「買い」でエントリーします。

 

ゴールデンクロスとは反対にデッドクロスとはFXのトレードをする際の「売りシグナル」になります。線の交わり方は短期線が長期線を上から下へ突き抜ける状態になります。

 

図に表すとこのような状態です。短期線が長期線を上から下へ突き抜けるときは価格が下降するサインになることが多く、エントリーポイントとして「売り」でエントリーします。

 

ダマシを少なくするための注意点!

ゴールデンクロス、デッドクロスが分かっていれば、このあと上昇したり、下降したりとトレンドがすぐに分かりそうで簡単に思えますが、なかなかうまくいかないのがFXです。

 

確かに買いや売りのサインでありますが当然100%の確率ではありません。サインとは反対に動くダマシは誰もが経験することです。どんなに熟練したプロでもダマシにはあいます。しかし、できるだけ合わないために最低限注意してほしいポイントがあります。

 

重要なポイントは、長期移動平均線の向きです。

 

 

トレードをする際には大きい流れの中で買いポイント・売りポイントを決めるべきです。大きい流れを読むことでダマシを減らすことができます。大きい流れをみるのは長期移動平均線です。

 

上の図のように黄色で書かれた〇のポイントは、水色の長期線が下向きになっています。つまり下降の流れです。その下降の流れの中で短期線が上から下に突き抜けた際には、そのまま下降する場合が多いです。売りポイントの見極めはいいです。

 

しかし、緑色で書かれた〇のポイントを見てください、短期線が上から下に突き抜けていますが、水色の長期線が上向きになっています。これは大きい流れが上昇であるため、反発し大きな下降はせずに上昇する場合が多いです。ここのポイントは売りポイントではありません。

 

このように大きい流れを確認して、エントリーポイントを定めることでダマシは減らすことができます。エントリーポイントの基礎ですが、基礎なくして勝利は得ることができません。少しでもダマシを避けるために注意しましょう。

 

移動平均線を使うエントリーポイントをまとめた無料レポート

その他FXの基礎知識も学べます!

↓こちらからダウンロード↓
毎月60万の利益!GENKI FX マニュアル

FXのテクニカル分析の基本|移動平均線

FXでトレードをする上で、ルール作りをするにはテクニカル分析が必要です。

 

テクニカル分析を行うツールにもさまざまありますが、基本的な考え方は同じで上がるか下がるかを予測する材料にする素材と思ってください。

 

テクニカル分析ツールの中でも人気の高い手法が「移動平均線」を使うものになります。FXに限らず、株や仮想通貨、金などさまざまな金融商品の動きとらえるのに使われます。

 

移動平均線とは?

移動平均線は英語で、「moving average line」とも呼ばれ、略してMAとも呼ばれます。

 

人気が高く、世界中で使われる移動平均線は、ある期間の価格の平均値を計算して、その値を線で結んだものになります。ですので、過去のデータから今の流れや今後どのような価格で推移するのかを予測するのに役立つツールになります。

 

1分足のチャートから時間足、日足、月足など過去のデータも数日、数週間、数か月間と平均値を出して出していますので、どのチャートにも使うことができます。当然、日足や月足などの方が、過去のデータを多く平均値化していますので、より予想は的確なものになります。

 

移動平均線の設定

移動平均線には短期線、中期線、長期線と主に3本の線の組み合わせで使うことが多いです。短期線ほど平均値にするデータが少なく動きが激しく、長期線ほど多くのデータを平均化しているので、緩やかな線となります。

 

 

こんな感じです。

 

また移動平均線は任意に変更することができます。一般的には平日の月曜から金曜が取引されるので、短期線を5日中期線を1か月程度のデータより、20日や25日に、約3か月の平均をとって長期線を75日にすることが多いです。

 

私も移動平均線は短期・中期・長期の順に5日・25日・75日と設定しています。

 

中期・長期トレードでは200日の設定が人気

また中期・長期のトレードの際には長期線を200日に設定するのも人気です。

 

というのも土日の休みを除いた1年間のトレード日数がおよそ200日であることからです。FXの取引も土日の休み明けの月曜日は様子見で値動きも小さいことが多く、流れがつかめた週中から週末の方が値動きが大きくなります。

 

FXと言っても、トレードをする相手は機械ではありません。人間です。あくまで世界中の誰かが買ったり売ったりすることで為替の値動きが起こるのです。その誰かが今買いたい、今売りたいと思って、売買をやっているので、世界中でポピュラーな移動平均線は必ず押さえてほしいテクニカル分析ツールと言えます。

 

移動平均線を使うエントリーポイントをまとめた無料レポート

その他FXの基礎知識も学べます!

↓こちらからダウンロード↓
毎月60万の利益!GENKI FX マニュアル

FXのインジゲーターとは?

テクニカル分析に必要なインジケーター

FXにおいてのインジケーターとはエントリーや決済の目安を決めたり、為替の変動を分析を手助けするために使われます。

 

大きく分けてトレンド系とオシレーター系のテクニカルインジケーターがあります。

 

トレンド系テクニカルインジケーター

 

トレンド系テクニカルインジケーターの代表例として移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表(いちもくきんこうひょう)があり、主に大まかなトレンドを把握するのに適しています。

 

為替相場の中で相場の転換サインが出たり、位置関係で売買ポイントを見つけたりします。

 

例えば一目均衡表であれば「雲」と呼ばれるサポートラインが厚いなら転換しにくい、薄いなら転換しやすいとわかります。

 

トレンドを把握するには必須のインジケーターと言えます。

 

オシレーター系テクニカルインジケーター

オシレーター系テクニカルインジケーターの代表例としてMACD(マックディー)、RSI、ストキャスティクスがあり、主に買われすぎ売られすぎをパーセンテージや数値で表します。

 

相場の中での高値・安値がわかることからレンジ相場の保ち合いで力を発揮します。買われすぎなら売り、売られすぎなら買うと行えば、効率よく差益を得ることが可能です。

 

しかしトレンド相場では使えないので、「買われすぎなのにどんどん買われてレートの上昇が止まらない」ということになってしまいます。

 

トレンド相場⇒移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表など

 

レンジ相場⇒MACD(マックディー)、RSI、ストキャスティクスなど

 

相場にあったテクニカル分析をしましょう。

 

インジケーター付き!FXのスキャルピング勝率重視の手法

数秒~数分でエントリーから決済まで取引を行う超短期売買の手法のスキャルピング

 

すきま時間でコツコツ利益を積み上げることから、やり方さえ確立してしまえば資産が少しずつ増えていくため昨今は非常に人気のあるトレード方法です。利益が積みあがれば複利運用として資産運用の1つとして面白いです。

 

今回はスキャルピングで使えるインジケーター付きのレポートを見つけました。

 

FXのスキャルピング勝率重視の手法

1回のトレードで5~10pips前後の利益をコツコツを積み上げる手法です。手法の公開と、さらに手法をまとめたレポートに同じ環境で出来るインジケーターのまるまるセットをプレゼント。

 

コツコツを積み上げて、ある程度の収益になる仕組みで再現性は高そうです。

【限定配布】初心者でもできる!FX自動売買の無料ツールで月利40%の副収入を得る?
管理人プロフィール

副業FXデイトレーダー

ミート

皆様、初めまして副業デイトレーダーのミートと申します。本業以上に収入を得て、精神的・経済的にも自由な生活を送るため、FXを本気で勉強しています。裁量トレード・自動売買などFXの可能性は無限に感じていて、私のFXに関する情報は全てシェアしたいと考えています。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 人気ランキング2冠達成!

『FX 副業投資家  1位』

『FXの基礎知識  1位』

みなさま応援いただき感謝したいます!

FX口座数-国内第1位-DMMFX



全てが高スペック。
FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

人気EAを無料で使用できる!インヴァスト証券 シストレ24

インヴァスト証券 シストレ24 口座開設
インヴァスト証券 シストレ24 口座開設
インヴァスト証券 シストレ24 口座開設?|?fx-on.com
インヴァスト証券のミラートレーダー『シストレ24』には、fx-on.comの人気ランキング上位のEAが多数登録されていて、その数はどんどん増えています。

初心者にもプロトレーダーにもオススメの外為ジャパン!



最短約5分で入力完了!
お取引まで最短翌日!

ベスト・FXブローカー賞受賞!

みんなのFX 口座開設
みんなのFX 口座開設
みんなのFX 口座開設?|?fx-on.comドル円など主要通貨のスプレッドは業界最狭水準!

最近の投稿

ページの先頭へ