FX自動売買トレード記録(2018年7月9日更新)

FXの自動売買は高確率で増えていくEAのポートフォリオが組めて、

資金管理が行えれば、あとはEAが正しく動いているのかを

チェックしていけば、安定した定期収入が見込めます。

そこを目指して、日々検証を行っています。

 

FX自動売買トレード記録(2018年7月9日更新)

2018年4月19日~7月8日までのトレード記録となります。

 

先週1週間は比較的為替の動きも少なく、

トレード回数も少なめでした。

 

 

 

結果は前回記事の7月3日~8日でー1586円。

 

今週はカナダの金融政策の発表やアメリカのアメリカと中国の貿易問題の動向など

材料はありますので、為替の動きが出てくる可能性はあります。

 

現在稼働中のEA

検証EA① コツコツほぼ毎日稼働中ソフト

Pips_miner_EA
多頻度トレードによる高収益を狙うEA

 

【設定ロット数】

0.11

【評価・感想】

ほぼ毎日取引をしていて、同時に3個までポジションを持ちます。

高頻度に取引するのが見ていて楽しいです!

 

検証EA② 高勝率のローソク足の形の分析ソフト

上がり3ハロン
「ワンポジ・SL値90Pips・ポジションの翌週持ち越しなし」を実現した高勝率のスキャルEA 

 

【設定ロット数】

0.5

【評価・感想】

取引回数は多くありませんが、勝率が相当高いです!

1月~6月までで、96.43% (27/28)の勝率なので

ポートフォリオに入れることで、安定しそうです。

 

検証EA③ 優位な押し目買い、戻り売りを徹底的に狙うソフト

Flashes for USDJPY
FXトレード日本一決定戦(WTC)ロビンスカップ準優勝のEA!8年以上右肩上がりのスキャルピングで相場のエッジを鮮やかに切り取る

 

【設定ロット数】

0.5

【評価・感想】

こちらも高頻度です。

何より実績があり、去年の9月から約10か月で

80.47%の収益を出しています!

 

検証EA④ 「小さい負け」をあえて受け入れることで、安定した収益を求めるソフト

粉雪
降り積もる雪のように、着実に利益を積み重ねていきます

 

【設定ロット数】

0.01 (0.03/0.05/0.1)

【評価・感想】

こちらも実績があり、約2年間で40%の収益率となっています。

追撃条件を満たすとロット数を増やしていくのも面白い仕様です!

【注意】

気をつけたいのがロット数の設定です。

0.01の設定でも同時に4つ持てば0.19となります。

以前0.05の設定にしていて0.95のポジションを抱え、

ロスカットとなった過去があります。

口座資産をみて少ないロット数で設定しましょう!

 

現在はこちらの4つで検証中です。

 

検証結果まとめ

検証期間(2018年4月19日~7月8日)

 

 

4月 704,130 (月利+0.59% +4130円)

5月 630,478 (月利-10.46% -73652円)

6月 686,413 (月利+8.89% +55938円)

7月1~8日 678,527 (月利-1% -7886円)

 

7月の前半は動き少なめですが

今週もしっかり検証・報告します!

FX自動売買トレード記録(2018年6月3日更新)

先日の厳しい結果から立ち上がるため、再度ロット数を調整して挑んでいます。

 

前回のマイナス終わりからどのように変化したのでしょうか。

 

FX自動売買トレード記録(2018年6月3日更新)

FXの自動売買記録報告です。

 

5月30日~6月1日は問題なくプラスの取引を繰り返しました。しかしながら、為替の値動きは大きく含み損も抱えることも少なくありません。

 

 

緑字の「Profit」の項目が利益になりますね。細かく利益を積み重ねています!

 

自分で選んだ4つのEAこちらです!

 

検証EA① コツコツほぼ毎日稼働中ソフト

Pips_miner_EA
多頻度トレードによる高収益を狙うEA

 

検証EA② 高勝率のローソク足の形の分析ソフト

上がり3ハロン
「ワンポジ・SL値90Pips・ポジションの翌週持ち越しなし」を実現した高勝率のスキャルEA 

 

検証EA③ 優位な押し目買い、戻り売りを徹底的に狙うソフト

Flashes for USDJPY
FXトレード日本一決定戦(WTC)ロビンスカップ準優勝のEA!8年以上右肩上がりのスキャルピングで相場のエッジを鮮やかに切り取る

 

検証EA④ 「小さい負け」をあえて受け入れることで、安定した収益を求めるソフト

粉雪
降り積もる雪のように、着実に利益を積み重ねていきます

 

現在はこちらの4つで検証中です。

 

 

検証期間(2018年4月19日~6月1日)

4月総計 704,130 (月利+0.59% +4130円)

5月総計 630,478   (月利-10.46% -73652円)

6月1日  640,588   (月利+1.63% +10110円)

 

ロスカットによる大きな損失の後は特に問題なく利益が出ています。

 

初期投資の70万に戻るまでもう少し時間がかかりそうですが、今回はロット数の調整は出来ているので、時間とともに収支もプラスへ向いていくと思います!

FX初心者が稼ぐために読むべきおすすめ本7選|2018年5月厳選

勉強には2つの種類がある。

学んで知る方法と訓練して身に付ける方法。

 

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか [ ジョージ・S.クレイソン ]

 

バビロンの大富豪から学んだことです。FXトレードにおいても本を読み正しい知識を知り、実際にトレードをする中で、訓練して身に付けなければならないことが山ほどあります。

 

直接教えてもらえる環境になければ、自ら基礎を学ぶ必要があります。ネット上でもFX本のレビューや読んだ感想が多々ありますので、定期的に更新・追加していきます。良本に出合い、正しい知識を身に付けましょう。

 

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版 [ ザイFX!編集部×羊飼い ]

 

FXを今から始めようと思うけどどの本にしようかと迷ったらまずはこの本です。FXでよく出てくる専門用語の解説やFX会社の選び方など導入部分の学習ができ、カラーで図や絵も入っていて非常に読みやすいです。

 

FXを始めたいけど、何をしたらいいかわからないという方には入門書として、やったことのある方も各種FX用語の解説もあり必要な知識を増やすのに最適です。FX有名ブロガー羊飼い氏の文章も読みやすく、分かりやすい。

 

実際の注文や取引方法なども具体的な解説があり実践にも十分使えます。第6章には個人投資家7人&羊飼いの勝ちパターンを紹介してあり自分に合った手法やトレードの考え方も学べて内容も面白い1冊。

 

超ど素人が極めるFX

 

こちらも入門書として最適な本です。知識ゼロの初心者にはこちらの方が読みやすく内容も多すぎないところもよいです。「本書を読めばあっという間に一人前のFXトレーダーになれる!」となってますが、基礎知識が身につき、実戦経験を積むために無理なく取引が開始できる内容の本と言えます。

 

2冊目、3冊目に読むよりもまっさらな状態の超初心者が1冊目で読むのがいいでしょう。また著者の羊飼いさんがどれだけ苦労をして、本気で取り組んだかも書いてあります。FXで食べている人の努力を知ることで自分の取り組み方も変わるのでないでしょうか。

 

経済指標、チャート図、勝てる手法の重要項目は押さえていますので基礎定着目的であれば満足できます。

 

ズバリわかる! FXチャートの読み方・使い方

 

とにかくFXトレードのチャート分析に重点を置いた本です。テクニカル分析のメジャーなテクニカルは全て書いてあり、特にローソク足と移動平均線についてはかなり濃い内容です

 

基本的なローソク足の見方からプロの技まで幅広く記載されてあり、イラストや実際のチャートも織り交ぜての解説になりますので、初心者から中級者におすすめな構成の本です。

 

また紙面はカラフルで図や絵も多く入っていて、文字も大きく見やすいのも特徴です。文字数も多すぎず読みやすいです。さまざまな手法が紹介されているので、少額でいろいろと手法を試して、自分に合ったものを見つけていくのもできます。

 

移動平均線でトレンドを読み取る。売り時・買い時を「シグナル」で見抜く。チャート分析の必須科目がはじめてでもわかりやすいおすすめ本。

 

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

 

 

こちらは株のトレードで洗練されたトレーダーになった作者がトレードの世界で勝ち続けるための考え方負けた取引をどのように意味のあるものに変えるのかなど長期的にトレードやって生き残る発想について書いてあります。

 

FXの世界も株の世界も勝ち続けるトレーダーと負けて退場するトレーダーが必ずいます。自分がどうすれば勝ち続けるトレーダーになれるか。FXで長く稼ぎ続けるのであればいずれ必ず読むべき名著です。私もこの本は1年に1回は必ず読むようにしています。

 

ちなみに『金持ち父さん』の訳者と同じ方が訳していて、読みやすい文体になっています。

 

世界一わかりやすい!FXチャート実践帳

 

前半で「FXの魅力とは何か」から始まり、FXの特徴や為替トレードの基本原則を改めて知ることができます。またチャートの読み方、利益を残すためのルールなど実践で即使える内容も盛り込まれています。

 

前半部分はFXを始める前の基礎知識部分ですが、後半部分が非常に面白い作りとなっています。後半部分は問題に挑戦する構成となります。チャート分析の手法を駆使して、相場の方向がどのように進むのか、予測していきます。

 

練習問題を解き、詳しい解説もありますのでチャートを見る力が自然と身につき、売り買いのタイミングや、見通しが間違ったときの対処法など学べます。ラインの引き方などシンプルなテクニカル分析を問題を解く中で覚えましょう!

 

最強のFX 1分足スキャルピング

 

圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」を紹介。

 

この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます

 

具体的な手法が書かれていて、なかでもエントリーポイントのヒントが参考になります。なかなか勝てない方や鉄板の手法が確立されていない初心者~中級者の方におすすめです。FXトレードを繰り返し行い、壁にぶつかったときにぜひ読んでほしいです。

 

テクニック無用! 1分でできる本格「FX」投資術

 

裁量トレードについての紹介の中、あえてこちらの本も紹介します。著者の思いは、「トレードスキルをつけなくてもトレードがうまくなる」というノウハウを読者の皆さんと共有すること。

 

この本に書いてあるのはシンプルかつ堅実に成果を上げるためのトレード法。誰でもすぐに簡単に使えて、堅実に儲かる手法。「オートレール」の秘密をたっぷり解説しています。

 

私自身も裁量トレードも行い、自動売買などのツールも並行して使っています。自分が行うトレードとツールに働いてもらうトレードがあることで、さまざまな相場に対応できると考えます。簡単にツールを使うことができるというのも知ってもらいたいです。

ボリンジャーバンドを学んで勝率を上げる方法|価格の大半がこの帯の中に収まる

テクニカル分析で使うインジケーターは数多く存在し、いくつか組み合わせて分析することで、勝率を上げていきます。

 

以前解説した移動平均線も人気で、使いやすいものです。今回も人気の高いテクニカル分析のインジケーターのボリンジャーバンドを解説していきます。

 

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、移動平均線と標準偏差で構成されている為替の値動きの幅を表すテクニカル指標です。1980年頃、アメリカのジョン・ボリンジャー氏によって考案され、値動きの幅が帯状なることからボリンジャーバンドと呼ばれています。

移動平均線と同様に世界中で多くのトレーダーが活用しているツールです。

 

平均と偏差が用いられています。中学や高校の時のテスト結果の偏差値がイメージしやすいと思います。移動平均線は相場の平均を表し、このテストなら上下にこれくらいの点数の生徒が分布しているよと考えてください。

 

為替相場にトレンドが発生して激しく値動きする場合はバンド幅は広くなり、保ち合いのレンジ相場では値動きが少ないためバンド幅も狭くなります

 

ボリンジャーバンドの上下の線

ボリンジャーバンドには中央に移動平均線があり、上下に2本ないし3本の線があります。使う証券会社や設定により異なります。

 

source:外為オンライン

 

上記チャートは上下ラインが±2σ(シグマ)のチャートになります。中心の青の線が移動平均線、±1σは緑、±2σは黄色で示されています。

 

このボリンジャーバンドの±1σ、2σ、3σにはローソク足がどれくらいの確率でバンド内に収まるかを表します。

 

真ん中の移動平均線より±1σ内に68.27%

真ん中の移動平均線より±2σ内に95.45%

真ん中の移動平均線より±3σ内に99.73%

 

このようになりますので、+2σと-2σのボリンジャーバンドの中に約95%の確率でローソク足が入ると予想できます。そういう意味で+2σのラインをローソク足が上回る場合は買われ過ぎの状態と考えられ、反対に-2σのラインをローソク足が下回る場合は売られ過ぎの状態と考えられます。その場合は適正な価格に戻ることが予想できると言えます。

 

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドの使い方として、逆張り手法順張り手法などがあります。

 

逆張り手法の使い方は±2σ内に95.45%のローソク足が収まることから、±2σを超えたところで戻るのを予想した手法となります。しかしながら、逆張りでの使用をボリンジャーバンドのみで行うことは推奨していません。

 

確かに約95%の確率で収まるテクニカル手法ですが±2σを超えるということは、トレンドが発生し、大きく広がる場合に多いです。トレンドが発生すれば価格が戻ることよりもむしろ順張り手法でトレンドに乗るトレードが理想的です

 

ボリンジャーバンドは逆張り、順張りなど様々な使い方があります。基本的には順張り手法でレンジ相場からトレンド相場に変化する指標として使い、エントリーポイントの分析をするのがダマシは少なくなるでしょう。

 

ボリンジャーバンドの使用法を詳しくまとめた無料レポート

その他FXの基礎知識も学べます!

↓こちらからダウンロード↓
毎月60万の利益!GENKI FX マニュアル

FXのテクニカル分析の基本|移動平均線の使い方

FXのテクニカル分析の中でも人気の高いのが移動平均線。ある期間の価格の平均値を計算して、その値を線であり、世界中で最も使われているツールの一つです。では、実際どのような使い方をするのでしょう。

 

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線の主な使い方は、短期移動平均線と長期移動平均線がクロスしたときにエントリーするというもの。

 

その前にゴールデンクロスとデッドクロスとは何か見ていきましょう。

 

ゴールデンクロスとはFXのトレードをする際の「買いシグナル」になります。線の交わり方は短期線が長期線を下から上へ突き抜ける状態になります。

 

 

図に表すとこのような状態です。短期線が長期線を下から上へ突き抜けるときは価格が上昇するサインになることが多く、エントリーポイントとして「買い」でエントリーします。

 

ゴールデンクロスとは反対にデッドクロスとはFXのトレードをする際の「売りシグナル」になります。線の交わり方は短期線が長期線を上から下へ突き抜ける状態になります。

 

図に表すとこのような状態です。短期線が長期線を上から下へ突き抜けるときは価格が下降するサインになることが多く、エントリーポイントとして「売り」でエントリーします。

 

ダマシを少なくするための注意点!

ゴールデンクロス、デッドクロスが分かっていれば、このあと上昇したり、下降したりとトレンドがすぐに分かりそうで簡単に思えますが、なかなかうまくいかないのがFXです。

 

確かに買いや売りのサインでありますが当然100%の確率ではありません。サインとは反対に動くダマシは誰もが経験することです。どんなに熟練したプロでもダマシにはあいます。しかし、できるだけ合わないために最低限注意してほしいポイントがあります。

 

重要なポイントは、長期移動平均線の向きです。

 

 

トレードをする際には大きい流れの中で買いポイント・売りポイントを決めるべきです。大きい流れを読むことでダマシを減らすことができます。大きい流れをみるのは長期移動平均線です。

 

上の図のように黄色で書かれた〇のポイントは、水色の長期線が下向きになっています。つまり下降の流れです。その下降の流れの中で短期線が上から下に突き抜けた際には、そのまま下降する場合が多いです。売りポイントの見極めはいいです。

 

しかし、緑色で書かれた〇のポイントを見てください、短期線が上から下に突き抜けていますが、水色の長期線が上向きになっています。これは大きい流れが上昇であるため、反発し大きな下降はせずに上昇する場合が多いです。ここのポイントは売りポイントではありません。

 

このように大きい流れを確認して、エントリーポイントを定めることでダマシは減らすことができます。エントリーポイントの基礎ですが、基礎なくして勝利は得ることができません。少しでもダマシを避けるために注意しましょう。

 

移動平均線を使うエントリーポイントをまとめた無料レポート

その他FXの基礎知識も学べます!

↓こちらからダウンロード↓
毎月60万の利益!GENKI FX マニュアル

FXのテクニカル分析の基本|移動平均線

FXでトレードをする上で、ルール作りをするにはテクニカル分析が必要です。

 

テクニカル分析を行うツールにもさまざまありますが、基本的な考え方は同じで上がるか下がるかを予測する材料にする素材と思ってください。

 

テクニカル分析ツールの中でも人気の高い手法が「移動平均線」を使うものになります。FXに限らず、株や仮想通貨、金などさまざまな金融商品の動きとらえるのに使われます。

 

移動平均線とは?

移動平均線は英語で、「moving average line」とも呼ばれ、略してMAとも呼ばれます。

 

人気が高く、世界中で使われる移動平均線は、ある期間の価格の平均値を計算して、その値を線で結んだものになります。ですので、過去のデータから今の流れや今後どのような価格で推移するのかを予測するのに役立つツールになります。

 

1分足のチャートから時間足、日足、月足など過去のデータも数日、数週間、数か月間と平均値を出して出していますので、どのチャートにも使うことができます。当然、日足や月足などの方が、過去のデータを多く平均値化していますので、より予想は的確なものになります。

 

移動平均線の設定

移動平均線には短期線、中期線、長期線と主に3本の線の組み合わせで使うことが多いです。短期線ほど平均値にするデータが少なく動きが激しく、長期線ほど多くのデータを平均化しているので、緩やかな線となります。

 

 

こんな感じです。

 

また移動平均線は任意に変更することができます。一般的には平日の月曜から金曜が取引されるので、短期線を5日中期線を1か月程度のデータより、20日や25日に、約3か月の平均をとって長期線を75日にすることが多いです。

 

私も移動平均線は短期・中期・長期の順に5日・25日・75日と設定しています。

 

中期・長期トレードでは200日の設定が人気

また中期・長期のトレードの際には長期線を200日に設定するのも人気です。

 

というのも土日の休みを除いた1年間のトレード日数がおよそ200日であることからです。FXの取引も土日の休み明けの月曜日は様子見で値動きも小さいことが多く、流れがつかめた週中から週末の方が値動きが大きくなります。

 

FXと言っても、トレードをする相手は機械ではありません。人間です。あくまで世界中の誰かが買ったり売ったりすることで為替の値動きが起こるのです。その誰かが今買いたい、今売りたいと思って、売買をやっているので、世界中でポピュラーな移動平均線は必ず押さえてほしいテクニカル分析ツールと言えます。

 

移動平均線を使うエントリーポイントをまとめた無料レポート

その他FXの基礎知識も学べます!

↓こちらからダウンロード↓
毎月60万の利益!GENKI FX マニュアル

FXの売るタイミング考察|プロならこうやって決済する!

FXでポジションを持って、方向が予想通りになった場合、次の悩みポイントは「いつ売るのか」ということ。早すぎても遅すぎても利益は小さくなってしまいます。

 

下手なところで決済すると、プラスだったポジションもマイナスとなり利益が損失となってしまうことも少なくありません。

 

FXの取引でよく「頭と尻尾はくれてやれ」と言うことがありますが、一番のタイミングでなくても、きっちり利益を取っていける決済ポイントを決めましょう!

 

売るタイミングは自分ルールの見せ所。ライントレードで天井・底値で決済する

売るタイミングとして「買い」でエントリーした場合、天井で決済。「売り」で入った場合は底値で買い戻すのがベストです。

 

しかし、それが簡単にできないのも事実。

 

1つ目の決済ポイントはライントレードです。買いでエントリーした場合、上昇していき、レジスタンスラインに近づいてきます。そのレジスタンスラインに触れるタイミングで決済というのが一つの方法です。

 

また売りで入った場合の決済ポイントはサポートラインです。売りで入ったポジションがどんどん下降していき、サポートラインに触れるタイミングで決済します。

 

この手法であれば、トレンドが続かない限りベストの決済方法と言えます。

 

売るタイミングは自分ルールの見せ所。オシレーター系でトレンドの反転前に決済する

細かいトレードであればサポートライン・レジスタンスラインに触れるタイミングで決済するので問題ないですが、ラインを抜けてさらに上昇するなんてことはよくあります。

 

もう少しポジションを持っていればまだまだ利益を伸ばせたのに。と悔やむことも多々あります。

 

利益確定ポイントの2つ目はオシレーター系で判断する方法です。例えばRSIを使います。RSIは価格が上がる力が強いか、下がる力が強いかを示します。50を真ん中に100に近ければ買われすぎ、0に近ければ売られすぎです。

 

100に近い状態が続けば「買われすぎ」ですので、徐々に売りが入りやすくなり、価格が落ちてきます。ですので買いで入った場合、RSIが100に近づけば決済するとルールを決めておけば問題ないです。

 

逆に0に近い状態なら「売られすぎ」ですので、買いが入り価格の上昇が起こります。売りで入った場合、RSIが0に近づけば決済とすれば利益確定のタイミングとして悪くないでしょう。

 

売るタイミングは自分ルールの見せ所。利益と損失の割合から決めておく。

テクニカル分析での決済も重要ですが、どうしてもダマしが出てしまい決済がうまくいかないときにはリスクリワードレシオでの決済を決めておくのもいい方法です。

 

利益と損失の割合を3:1など決めておいて利益が30pips、損失は10pipsとするのも決済を決める基準とできます。この場合は勝率とリスクリワードレシオの比率を考えておく必要があります。

 

10回取引をして5勝5敗のトレード手法であれば3:1で十分に勝てます。しかし利益20pips、損失20pipsの取引であれば、勝率が50%より高い手法が必須となります。

 

以上の3つの方法はごく一部ですが、トレード方法のヒントになれば幸いです。

今日のおすすめビジネス本&FX自動売買のトレード記録(2018年5月11日更新)

最近はFXの本以外にも、ビジネス本やマーケティング、自己啓発など毎日何かしら読んでいます。FXに限らず、様々な成功者の言葉は人生を楽しく生きるための見聞を広めることができ、プラスになっていると感じます。

 

最近読んだ本で10年後の仕事図鑑 [ 堀江 貴文 ]があるのですが、かなりおもしろかったです。AI(人工知能)の導入により、この先数年で大きく変わるであろう仕事への考え方が多々書かれており、納得の内容でした。

 

もちろん未来のことは誰にも分りませんが、未来を不安に感じるのではなく、今楽しいと思えることに没頭することがこれから幸せに生きるためには重要なことです。

 

私も自分の好きなFXやブログ、読書、旅行など好きなことをとことんやり込んで、それが結果仕事につながるまでやり続けると改めて考えました。

 

この本にはこの先、「なくなる仕事・変わる仕事」そして「生まれる仕事・伸びる仕事」が具体的に書いてあるのも面白かったですね。

 

 

ビジネス・経済・就職部門の第1位のこの本は今読んで、5年後くらいにまた読むと面白そうです。

 

FX自動売買のトレード記録(2018年5月11日更新)

少し時間が空きましたが、FXの自動売買ソフトの調子は絶好調です!コツコツ利益を積み重ねています。

 

検証EA① コツコツほぼ毎日稼働中ソフト

Pips_miner_EA
多頻度トレードによる高収益を狙うEA

 

検証EA② 高勝率のローソク足の形の分析ソフト

上がり3ハロン
「ワンポジ・SL値90Pips・ポジションの翌週持ち越しなし」を実現した高勝率のスキャルEA

 

現在はこちらの2つで検証中です。

 

 

いかがでしょう?4月19日よりスタートして、まだ約20日の運用ですが、きれいな右肩上がりになっています。

 

 

取引もこのような感じでロット数を小さく運用していますので、大きいプラスはないですが、ポジションも多く持たずストレスの少ないトレードができています。

 

検証期間(2018年4月19日~5月11日)

4月総計 704,130 (月利0.59% +4130円)

5月11日 721,016  (月利2.16% +16886円)

 

証券会社への取引手数料などが引かれますが、70万スタート20日で21016円のプラスとなっています。調子が良いので、来週にはEAを追加してよりポートフォリオを増やしてリスク分散したいと思います。前回の自動売買の記事でEAを1つと書きましたが良さそうなのが複数見つかったので、来週2つEAを増やして運用をよりアクティブにしていきますね!

 

裁量トレードも面白いですが、自動売買も設定が終われば楽だし、チャートを見なくてよいので、いいですね!どちらにも良しあしあるので、まだまだ検証してまいります!

 

 

 

 

FX用語「買い」「売り」とは?

FXの取引では最初の注文の際、「買い」「売り」の2つの注文の入り方があります。「買い」でも「売り」でも口座に入れたお金が証拠金として担保の役割となり、その担保で自由に様々な通貨を買ったり売ったりできます。

 

ではどのような仕組みで、またどんな時に「買い」で入るのか「売り」で入るのかみていきましょう。

 

「買い」の意味と仕組み

FXでは「買い」の注文を入れポジションを持つことを「ロングポジションを持つ」と言います。「買い」をロング、「売り」をショートとFXでは呼び、注文を入れることをエントリーと呼びますので、買い注文を入れることを「ロングエントリー」と表します。

 

仕組みとしては預けた日本円を証拠金として、ドルやユーロなどの外貨を買うことになります。

 

ここで重要なポイントは、買った外貨は必ず売って終わるということ。ドルやユーロの外貨を持ってっていてもスワップポイントで金利差分はもらえますが、最終的には売ることで引き出し可能な自由なお金となります。

 

決済で売る際にもドルやユーロの外貨を日本円に戻し、日本円で口座に戻ってきます。このように証拠金で外貨を買って売ったときの差益をFXの利益とするわけです。

 

トレードのときには、チャートを見て上に上がるときに「買いエントリー」で入ることが重要になります。シンプルに上昇トレンドの際は買いで入って、エントリーしたところよりも高いところで売れれば勝ちやすいのです。

 

「売り」の意味と仕組み

「買い」をロングと呼ぶのに対して、「売り」の注文を入れポジションを持つことを「ショートポジションを持つ」と言います。また売り注文を入れることを「ショートエントリー」と表します。

 

仕組みとしては預けた日本円を証拠金として、ドルやユーロなどの外貨を売ることです。しかし、ここでしっくりこないのが「持ってない通貨を売る」ことで取引を始めること。

 

イメージとしては必ず最終的に「買う」という約束のもと「借りてきて売る」という感じになります。ここでも決済として買わなければ、利益は確定しませんので、売りで入ったレートよりも安くなったところで買うことで利益を出すことができます。

 

例えば、今1ドル100円として下がりそうと思い、100ドルの売り注文を入れます。もちろんドルは持っていないので、必ず買うのを前提で、借りてきて売るのです。その後1ドル90円になって、売った100ドル分を買えば、10000円の価値のドルが9000円で買えるわけです。最初に売ったときよりも1000円安く買えていますので、この1000円が差益として利益となります。

 

トレードのときのポイントとしても、「買い」のときと反対にチャートを見て、下に下がるときに「売りエントリー」で入れます。下降トレンドを見極め売りエントリー。エントリーしたところよりも安いところで売れれば利益を出せます。

 

FXの資金管理方法、損失を抑えてリスク回避する!

副業やお小遣い稼ぎとしても簡単に始めることのできるFX。簡単に始めることができるからこそ勉強やデモトレードを使った手法の確立など後回しになりがちかと思います。

 

勝ち続けるトレーダーになるためには、まず第一に勉強です。利益を出し、安定した勝率を確保するために最低限の必要な知識や考え方を身につけたいものです。良本を2~3冊読んで、少額でのトレードで知識を身に付けていければ十分です。

 

のちのち深い理解や知識はつけていけば良いのです。

 

しかしながら初心者にありがちな大損は避けたい。今回は勝ち続けるトレーダーになるための資金管理について解説していきます。

 

FXの資金管理が大事なわけとは?

FXを始めたばかりの初心者の方はまず口座開設、エントリーや決済で注文をしてみる。これでやり方が分かったから、どんどん取引をしようとなります。

 

そして、ビギナーズラックで勝ったのちに大きな勝負に出てしまい、持ったポジションの損失がどんどん増えていくのを眺めて、最後はロスカットされます。これがまさに私の通った道なんです!

 

このようになぜロスカットされるのかというと資金管理ができていないからなのです。資金管理ができていなければ、大損することもあるし、次回以降の取引の資金も極端に少なくなり、たった1回の取引がマーケット退場の大損になるでしょう。

 

資金管理こそが為替相場で勝ち続け、生き抜く不可欠な方法です。上手な負け方を知ることはとても重要なのです!

 

資金管理とはストップをどこに置くかを決めること

資金管理とは自分で被ることのできる損失を把握することです。FXで100%の勝率など、どんなトレーダーもすることは成し遂げることはできません。自分の口座に入っている何%の損失なら次からの取引も確実にできるのか。

 

とても厳しいFXの世界で生きていくためには、ストップ注文(損切り)をどこに置くのかを決めてください。逆指値を入れない注文は絶対にしてはいけません。

 

資金管理の具体的な数値として資金の0.1%~10%くらいが損切のラインと私は考えます。もちろん取引の頻度や持つポジションの数に応じて人それぞれであるのは間違いありません。

 

初心者にはまず1トレードで0.1%~0.5%の損失までと決めてトレードするとよいでしょう。0.1%の場合、10万円であれば1000円の損失までOKと。

 

そうすれば次の取引は9万9000円からでき、ロット数も同じか少し減らす程度で取引が可能となります。

 

FXの世界で勝ち続けるためには、きちっと資金管理をして、上手な負け方をするのが非常に重要です。

 

【限定配布】初心者でもできる!FX自動売買の無料ツールで月利40%の副収入を得る?
管理人プロフィール

副業FXデイトレーダー

ミート

皆様、初めまして副業デイトレーダーのミートと申します。本業以上に収入を得て、精神的・経済的にも自由な生活を送るため、FXを本気で勉強しています。裁量トレード・自動売買などFXの可能性は無限に感じていて、私のFXに関する情報は全てシェアしたいと考えています。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 人気ランキング2冠達成!

『FX 副業投資家  1位』

『FXの基礎知識  1位』

みなさま応援いただき感謝したいます!

FX口座数-国内第1位-DMMFX



全てが高スペック。
FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

人気EAを無料で使用できる!インヴァスト証券 シストレ24

インヴァスト証券 シストレ24 口座開設
インヴァスト証券 シストレ24 口座開設
インヴァスト証券 シストレ24 口座開設?|?fx-on.com
インヴァスト証券のミラートレーダー『シストレ24』には、fx-on.comの人気ランキング上位のEAが多数登録されていて、その数はどんどん増えています。

初心者にもプロトレーダーにもオススメの外為ジャパン!



最短約5分で入力完了!
お取引まで最短翌日!

ベスト・FXブローカー賞受賞!

みんなのFX 口座開設
みんなのFX 口座開設
みんなのFX 口座開設?|?fx-on.comドル円など主要通貨のスプレッドは業界最狭水準!

最近の投稿

ページの先頭へ