デイトレード初心者は利大損小を心がけよ!原則

FXデイトレードは人気も高く、

やり方さえ間違わなければ成功する可能性も低くありません。

 

しかし、勝者の原則、敗者の原則は必ず存在し、

その原則に従ってトレードをできる人のみ継続して勝つことができるのです。

 

原則1 利大損小を心がけよ

FXではエントリー、決済行って取引を終えますが

エントリーと決済はどちらが大事でしょうか?

 

エントリーがいいタイミングでは入れたら

相対的にいい結果になりやすいです。

 

正しい判断のエントリーをすれば

狙った利益ポイントで決済をすることで

勝ちのトレードとなります。

 

では間違った(不利な)エントリーをした場合はどうでしょうか?

ここに勝者の原則が隠れています。

 

自分の思う方向と逆の方にレートが動いた場合、

勝者となるためには素早いロスカットをできるかどうかです。

 

損を限りなく小さくすることが

次のトレードの資金も確保できますし、

リスクリワードレシオも有利な状態になるのです。

 

まず勝ち続けるためには、

損小利大の原則を心がけましょう!

 

原則2 FXは少ない資金で大きく勝てると思うな。

FX初心者にありがちなのはFXは大きく勝てるし大きく負ける。

いわばギャンブルの一種のようにとらえていることです。

 

FXに対してこのような考えでは

一生勝てないでしょう。

 

私もFX始めたころは、少ない資金をレバレッジをきかせて

大きな取引をすることで、勝ちを大きくしていました。

 

しかし、負けてしまった場合はどうなるか?

 

一発退場です。

そうなってしまっては元も子もありません。

 

レバレッジは資金を膨らませて

小さい取引をすることで、少ない資金でも

コツコツ利益を積み重ねていくためにあるのです。

 

大切なのは、少ない資金だから小さい取引を積み重ねるということ。

 

月利5~10%で勝ち続けることができたら素晴らしい勝者です。

 

土日を抜いて1か月を約20日とすると

日利0.25%~0.5%の利益となるのです。

 

10万円で取引をするなら250円~500円の利益となります。

 

それでも

月5千円~1万円

年6万円~12万円

になります。

 

1年で倍になる投資やビジネスなどそうそうありません。

 

少ない資金だから小さい取引を繰り返す。

これは勝ち続けるための大原則です。

 

↓他にも勝つための原則が!こちらから無料ダウンロード↓
デイトレード初心者にありがちな間違い5選

投資の雑誌を買ってみた!|投資初心者にはこの2冊がおすすめ

投資本やビジネス本は日頃の勉強でよく買います。

でも雑誌となると意外と手を出してなかったのですが

先日「メルカリのIPO」の件でニュースなどでもよく出ていましたので

FXやビジネスに限らず広く投資全般の雑誌を買ってみました!

 

ダイヤモンド ZAi (ザイ) 2018年 7月号 [雑誌]

 

 

FXでの初心者向け入門書でもザイの本はお世話になっております。

やはり良い本、役に立つ本が多い印象ですのでまずはこちらを買ってみました。

 

関連記事

FX初心者が稼ぐために読むべきおすすめ本7選

 

7月号とあったので新しいと思い、6月中旬に買いましたが、

発売日は 2018年05月21日

 

思っていたより時間たってました!

しかし、5月に出ていますので、メルカリのIPOについての

記事もたっぷりあり、上場後も値上がりするのも納得できる会社の成長ぶりでした。

 

また、抽選という仕組みでのIPO株の取得というのも知らなかったので

複数証券口座を持てば抽選も当選しゃすくなるのです!

 

その他FX(裁量トレード)、FX(自動売買)、投資信託などさまざまな投資情報も

満載で、なかでも株主優待の記事は面白かったです!

 

10万円程度で毎年、配当や商品をもらえる良いものも

多くありました!

 

情報を知らないだけで、チャンスを逃すのはもったいないですね。

雑誌も定期的に購入したいと思います!

 

 

月刊 FX (エフエックス) 攻略.com

 

 

こちらはFX専門誌の「月刊FX攻略.com」になります。

FX専門の雑誌ってのが少なくて、その中でも良さそうなのがこちらでした。

 

月刊 FX (エフエックス) 攻略.com (ドットコム) 2018年 07月号 [雑誌]

 

こちらも発売は5月21日でした。

 

気に入った記事がFX自動売買についての連載記事でした。

今回の7月号で2回目でしたので、基礎的なものでしたが

今後「どんなEAがいいのか?」「いくつくらい組み合わせるといいのか?」

「資金管理は?」など実践的な内容が入ってくるとさらに読みごたえがありそうです!

 

前半部分はかなり広告も多いですが、

プロの具体的なトレード手法が載っているのは

とても参考になりました!

 

 

投資やFXについての雑誌は手を出していませんでしたが

今回この2冊を買って、興味のあるたくさんの記事が読めたり

まだ知らない分野についての記事も

とてもためになりました!

FXの歴史は?|いつから始まってどんな変化を遂げたのか。

今では、投資や副業の選択肢の1つとして、定着しているFX。テレビや本、雑誌、ブログ、ニュースなど様々なメディアでも取り上げられたことで広く知られています。

 

平日の24時間取引ができ、また少額で始めることができるのも人気の理由です。

 

FXはどのように始まり、どのように変化したのでしょうか。今回はその歴史を見ることで、FXへの知識を濃くしていきたいと思います。

 

FXの始まりと広がり

FXの始まりは1998年に『外為法』が改正され、個人でも為替取引が行えるようになったのがきっかけです。今では当たり前のように口座開設して取引をしていますが、1998年までは公認された一部の金融機関でしか取引をすることができなかったのです。

 

日本で初めてFXを立ち上げたのはダイワフテーチャーズ(現・ひまわり証券)です。1998年に法律では可能になりましたが、当時はインターネットの普及率も10%前後であり、一般的に使用されてなくFXの普及も大きくされませんでした。

 

1999年から2003年にかけてADSLが登場し、「Google」や「Amazon.co.jp」がサービスを開始、家庭向けの光回線が登場もあり2003年ごろには家庭の約3分の2にインターネットが普及しました。これによりFXも知名度を上げていきました。

 

悪質な業者の参入

FXは従来の投資と比較して短期間で大きいリターンも見込めることから、個人の参入も増大しました。それに伴い、証券会社などの業者も増えました。

 

しかし、ここで問題に当たります。当時は新しく急成長したFX市場に対して、金融庁の法整備が間に合っておらず、無法状態とも呼べる環境にありました。そこに悪徳業者が次々とFX業界に参入することになってしまったのです。

 

顧客の証拠金横領や顧客が出した利益もさまざまな理由をつけて出金を拒むなど悪質な行為を行っていたのです。

 

FX業界の清浄化

FX自体は優れた金融商品でもそれを扱う悪徳業者がいては、悪いことが起こり続けてしまいます。当然、テレビなどでもニュースとなり、今でも悪い印象を持つ方も少なくありません。

 

大きな改革に2005年の金融先物取引法があります。これにより全ての業者に登録が義務付けられ、金融庁から許可の下りない業者は営業ができなくなり、多くの悪徳業者はいなくなりました。

 

さらに2009年には信託保全が義務化されます。この信託保全により、仮にFXの証券会社の業績が振るわず倒産したとしても預けたお金は返還されるという保証になります。投資家が利益を出し、結果を出しても使っていた証券会社がつぶれてしまっては元も子もありません。投資家が守られるために行われた改革によりFX業界は浄化していったのです。

 

FXの歴史にはこのような過去もあります。どんな業界でも法律の下、守られなければならない消費者がいるのです。現在は悪質な業者によるリスクはなくなりましたが、「悪いことをする人」はこの世からいなくなりません。

 

投資においてさまざまなリスクを想定して回避していくことが、いつの時代も重要なのです。

誤った努力も努力でない|ビジネスで生き抜く強い心を作る名言集

キングコング西野さんの著書「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」では、名言が多々盛り込まれております。その中でも特に気に入った言葉が

 

努力量が足りていない努力は努力ではない

誤った努力もまた努力ではない

 

というものがあり、個人的には一番気に入りました。

 

昔、私がFX投資を始める前、物販関係のスクールに入ったときのことです。コンサルを受けていた講師の方の言葉を思い出しました。

 

正しいやり方で

途中で諦めずやり抜けば

ビジネスで必ず成功する

 

つまり、成功した人はすべて努力(やり方)が正しく、努力が足りている(諦めない)のです。

 

他にもたくさんいい言葉ありましたので、機会があれば紹介していきます!

 

 

ビジネスで生き抜く強い心を作る 戦国武将50人 心が奮える名言集

投資をする上で、成功者の言葉や通った道はとても参考になります。成功した人には成功する考え方や行動、失敗した人には失敗した考え方や行動に共通する部分、本質が存在します。

 

またビジネスや日常生活においても、何か不安に感じたり、迷うことはだれしもあります。しかしこの悩みや不安をどのように感じ、どのように受け止め対処するのかがストレスの少ない心安らぐ生き方にもつながるかと思います。

 

かの戦国武将たちも悩み、そして壁にぶち当たりました。その中で名言と呼ばれる言葉を数々の武将が残していますので、ご興味があればぜひお役立てください。

 

↓こちらから無料ダウンロード↓
ビジネスで生き抜く強い心を作る 戦国武将50人 心が奮える名言集



毛利元就の3男である小早川隆景の言葉に

 

勝ち戦の謀だけでなく 

負け戦の謀も必要

 

というのがあります。意外とこれは投資にも通づる部分があります。常に勝ち続けることは何事でも難しく、負けを小さくすることで、大事な勝負に勝つという考え方ですね。

 

FXでも投資でも、小さな負けから経験を増やし、トータルで勝つような思考・メンタルが必要です。

サラリーマンが副業FXで稼ぐための手法|デイトレでお小遣い稼ぎはできるのか?

今の時代、副業をすることは当たり前という考えもあり、本やセミナーもサラリーマンや忙しい方が実践できるものを増えています。本業でしっかり収入のある方でも人間より平均寿命の短い会社にしがみついているだけの状態では本当の意味で気持ちが安らぐことはありません。

 

東京商工リサーチさんの調査によると倒産企業の平均寿命は23.5年となっていて、20代~60代までの約40年勤めると考えると一生で1つの企業のみで収入を確保するということは案外難しいことです。

2014年「倒産企業の平均寿命」調査

 

仮に副業の選択肢としてFXでやっていく場合サラリーマンの方であればどんなライフスタイルになるのか、また可能なのでしょうか。

 

 

 

副業としてFXで稼げるのか?

まず始める前に「稼げるのか」というのが大事なところです。結論から言うと正しいトレードが出来れば稼げます

 

正しいトレードとは何かというと、勝てるトレード手法をコツコツと積み重ねて、決して感情移入しないこと。FXのトレードはギャンブルではありません。パチンコや競馬であれば、勝って負けて一喜一憂する娯楽でいいのですが、FXを副業で、収入を得るためにするのであれば、感情的になることが一番のリスクとなるでしょう。最初は気持ちも入りますが、徐々に感情を抑えて冷静なトレードを心がけましょう。

 

また、勝てるトレードを得るためには、実際に勝っているトレーダーに教えてもらう、FXスクールで学ぶ、本や教材で勉強して自分で確立すると方法はさまざまです。

 

どの方法を選んだとしても勉強が必要です。著書「バビロンの大富豪」でもこのような教えがあります。

 

勉強には2つの種類がある。

1つは学んで知ること、もう1つは訓練して身に付けること。

 

やはりFXのトレードに置き換えても本や教材、講師やスクールで学んで知り知識を増やし、実際にトレードする中で、経験や勝ちパターン、リスク回避を身に付けなければなりません。そうすることで、勝利を獲得する権利が手に入れられるのです

 

裁量トレードで稼ぐならデイトレがおすすめ

サラリーマンの方がトレードする際には、デイトレがオススメです。1日でエントリーから決済まで行うトレード手法であれば、次の日にも持ち越さずスッキリ終えることができます。ポジションを持ったままの睡眠はなかなか初めの頃は辛いです。

 

またトレードの時間帯も絞ることで傾向をつかめます。メイン通貨のドル、ユーロ、円が国の通貨のアメリカ、ヨーロッパ、日本の市場が空く時間帯は経済指標などで盛り上がりトレンドも出やすいです。

 

およそ日本時間にして8時半~10時、16時~19時、21時半~24時は主要国市場の影響で値動きは大きいことが多いです。

 

仕事終わりの21時半~24時などはトレードに適した時間と言えるでしょう。

 

メンタルが鍛えられないなら自動売買もあり

前述しましたが正しいトレードを感情移入せずに行うことがトータルで勝つための必須条件です。メンタル部分は人それぞれですので、どうしても早めに決済してしまう。待てない。などあればEAを使ったシステムトレードも1つの方法です。

 

勝率の高いEAを使うことで比較的安定した収益を出すこともできます。

 

私もただいま検証中のEAのポートフォリオがありますので、ぜひ参考にされてください。

 

 

FXも副業として悪くないですが、お金を稼ぐ方法は無限にあります。せっかく新しく副業を始めるなら自分に合ったもの・自分が楽しいと思えるものを始めるのが一番のいい方法と思います。

欲望をコントロールせよ|FX投資をする前に必要な心構え

仕事柄、在宅で作業することが多く、なかなか体を動かす機会がないので2か月ほど前からジムに通ってます。筋トレやジムで走って汗を流すのもいいですが、今はサイクリングマシーンにハマっていて1時間くらい自転車をこいで汗をかくのが好きです。その際にYouTubeを見ながらできるのも自分の中ではポイントです。

 

YouTubeで自己啓発関係の動画もよく見ていて今は「バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか [ ジョージ・S.クレイソン ]」を動画で勉強しています。

 

YouTube バビロンの大富豪と検索すればたくさん出てきます。

 

欲望をコントロールせよ

「バビロンの大富豪」の中でお金を増やすためには、「欲望をコントロールせよ」という教えがあります。お金を増やす知恵を持つことも当然大事ですが、支出が常に大きくては、一向にお金は増えません。

 

休みの日に買い物に出かけ、興味をそそる商品の数々に、急な物欲がわいてきてついつい買ってしまう。私もよくありました。その欲しくなる商品ラインナップは、最先端のマーケティングによる購買意欲を高める狙いのもと並べられているんです。

 

もちろん欲しいものを買うのは悪いことではなく、お金を使うことで社会へのお金の回りが良くなり、景気は良くなります。欲望が悪いのでなくコントロールできないのが不健全なのです。

 

では、欲望をコントロールするとはどういうことなのでしょう。

 

 

お金の分類をすべき|投資の前に知るべき3つの分類

バビロンの大富豪の教えでは、自分に必要な経費と自分自身の欲求を混同してはならないとあります。

 

その中でお金の使い方には 消費・投資・浪費 の3つに分類出来ます。お金を有効に使い増やすために自分の家計の区別が必要なのです。

 

まず「消費」とは生活するのに必要なもの。例えば、通勤・通学に使う交通費や家賃、光熱費、自炊のための食費など衣食住中心に欠かせないものです。次に「浪費」とは無駄遣い。例えば、単なる愚痴だけの飲み会、自分にプラスにならない飲み会、計画性のない衝動買いの費用などが挙げられます。

 

最後に「投資」。将来多くのリターンが期待できるもの。例えば、人脈を広げる目的の異業種交流会や定期的に行う健康診断、今足りない部分を補うための本を買ったり、セミナーへの参加が含まれます。

 

同じ外食1つでも、どうしても今日は食事を作りたくないから、安いファミレスで外食をすれば「消費」。行きたくないけどみんな行くからと同僚で集まって上司の愚痴をただただ言い続ける飲み会は「浪費」。これからビジネスの幅を広げるためにたくさんの業種の方と知り合うために異業種の集まる飲み会への参加は「投資」となるわけです。

 

お金の使い方の黄金比|消費:浪費:投資

ではどのくらいの割合がいいとされているのでしょう。

 

消費(70%):浪費(5%):投資(25%)が黄金比とされていて、健全なお金と使い方と言われています。

 

もちろん浪費による発散も悪いことではないので完全にゼロにした方がいいとは言いません。割合の問題です。お金が増えない足りないの原因は給料が少ないとか収入の部分ではなく、浪費が多く、投資が少ないのに原因がある場合が多いです。

 

経済的な自由を手に入れて、お金の面での精神的な自由も手にするにはまず自分の家計を見直して、お金の使い方を改善するのが非常に重要なことです。

バビロンの大富豪から学ぶ!なぜ投資をするのか?

今はFXを始め、株・不動産・海外事業・外貨預金・仮想通貨など興味があるものは勉強をして投資をしています。個人的に投資が大事と考えるのは、将来の定期的に入る収入の道を増やす必要性を感じたからです。

 

日本の金利が低いからこそ投資を始めなければならない。

著書「バビロンの大富豪」の中で「貯めた金は最後の一銭にいたるまで働かせなさい」という教えがあります。

 

 

投資というと危険なものというイメージを持つ人もいますし、危ないと不安に感じる中で、やるものでもありません。特に日本人は「お金はできるだけ使わないで貯めておくのがいいことである」という揺るがない考えを持っている場合が多いです。

 

もちろんバブルがはじける前の1980年代までは、金利も高く、給料を銀行口座に貯めておけば自然とお金は増えていきました。

 


source: tradingeconomics.com

 

日本の金利はこのようにどんどん下降してとうとうマイナス金利やゼロ金利となっています。日本の金利が高いときは銀行の定期預金で年利5%を超えていた時代もありました。

 

バブル崩壊後、お金への考え方を変えれた人(新しい投資を学び始めた人)は資産を減らさず増やせていますが、「お金は一生懸命働いて貯めるもの」と考えている人は「なぜこんなに働いているのに豊かにならないのだろう」と悩んでいます。

 

 

投資への考え方・見方を正しいものに変えよう!

投資に対して悪いイメージを持つかもしれませんがそんなことはありません。まず、できることから始めてイメージを変えましょう。

 

例えば、本を1冊読む。楽天やAmazonでランキング上位、高レビューの初心者向けの本を読むだけで世界は変わります。最初に読むのにオススメな本を紹介します。

 

 

この本はお金を貯めることから、投資信託で簡単にお金を増やしていく方法が書かれています。少額の投資でもただ貯金するのとは大きな違いがあるのが理解できます。そして投資が危険なものでないことも理解できるでしょう。

 

この本は「バビロンの大富豪」の考えがかなり盛り込まれているように感じます。投資の本質は変わらないのです。変わるのは投資の意味付けが良いも悪いも人それぞれであることだけ。

 

投資とはお金に自分の分身として働いてもらうことです。自分が働くのではなく、お金に働いてもらって新しい収入の道を増やしましょう!

 

 

 

FXの売るタイミング考察|プロならこうやって決済する!

FXでポジションを持って、方向が予想通りになった場合、次の悩みポイントは「いつ売るのか」ということ。早すぎても遅すぎても利益は小さくなってしまいます。

 

下手なところで決済すると、プラスだったポジションもマイナスとなり利益が損失となってしまうことも少なくありません。

 

FXの取引でよく「頭と尻尾はくれてやれ」と言うことがありますが、一番のタイミングでなくても、きっちり利益を取っていける決済ポイントを決めましょう!

 

売るタイミングは自分ルールの見せ所。ライントレードで天井・底値で決済する

売るタイミングとして「買い」でエントリーした場合、天井で決済。「売り」で入った場合は底値で買い戻すのがベストです。

 

しかし、それが簡単にできないのも事実。

 

1つ目の決済ポイントはライントレードです。買いでエントリーした場合、上昇していき、レジスタンスラインに近づいてきます。そのレジスタンスラインに触れるタイミングで決済というのが一つの方法です。

 

また売りで入った場合の決済ポイントはサポートラインです。売りで入ったポジションがどんどん下降していき、サポートラインに触れるタイミングで決済します。

 

この手法であれば、トレンドが続かない限りベストの決済方法と言えます。

 

売るタイミングは自分ルールの見せ所。オシレーター系でトレンドの反転前に決済する

細かいトレードであればサポートライン・レジスタンスラインに触れるタイミングで決済するので問題ないですが、ラインを抜けてさらに上昇するなんてことはよくあります。

 

もう少しポジションを持っていればまだまだ利益を伸ばせたのに。と悔やむことも多々あります。

 

利益確定ポイントの2つ目はオシレーター系で判断する方法です。例えばRSIを使います。RSIは価格が上がる力が強いか、下がる力が強いかを示します。50を真ん中に100に近ければ買われすぎ、0に近ければ売られすぎです。

 

100に近い状態が続けば「買われすぎ」ですので、徐々に売りが入りやすくなり、価格が落ちてきます。ですので買いで入った場合、RSIが100に近づけば決済するとルールを決めておけば問題ないです。

 

逆に0に近い状態なら「売られすぎ」ですので、買いが入り価格の上昇が起こります。売りで入った場合、RSIが0に近づけば決済とすれば利益確定のタイミングとして悪くないでしょう。

 

売るタイミングは自分ルールの見せ所。利益と損失の割合から決めておく。

テクニカル分析での決済も重要ですが、どうしてもダマしが出てしまい決済がうまくいかないときにはリスクリワードレシオでの決済を決めておくのもいい方法です。

 

利益と損失の割合を3:1など決めておいて利益が30pips、損失は10pipsとするのも決済を決める基準とできます。この場合は勝率とリスクリワードレシオの比率を考えておく必要があります。

 

10回取引をして5勝5敗のトレード手法であれば3:1で十分に勝てます。しかし利益20pips、損失20pipsの取引であれば、勝率が50%より高い手法が必須となります。

 

以上の3つの方法はごく一部ですが、トレード方法のヒントになれば幸いです。

FXでのリスクリワード、リスクヘッジ

様々なビジネス本で書かれていますが、リスクを負うのは不健全ことでなく、最も悪いのは「リスクをとらないリスクを負っている」ということ。つまり行動に移せてないことです。

 

堀江貴文さんと落合陽一さんの本10年後の仕事図鑑でもこれから10年で大きく仕事や仕事の仕方が変わる。と書かれており、仕事への考え方の本質から変えていく必要があると考えさせられました。

 

 

リスクのないことはそれだけ見返りもなく、リスク管理をしたうえでリスクを負って行動することで数多くのものを手にできるのではないでしょうか。

 

今回はリスク関係のFX用語を解説していきます。

 

FXのリスクとは?

証券会社でFX口座を開く際に、『外国為替証拠金取引に関するリスク』などリスクについての説明に同意の元、口座を開設します。これにはFXにはリスクが存在するからです。

 

 

為替変動や金利変動によるリスクやレバレッジの理解不足によるリスクなど。それを理解したうえで口座開設をし、取引を始めましょう。

 

FXのりすくについて詳しく知りたい場合はこちらの無料レポートを。

↓無料ダウンロードはこちらから↓
「FX」5つのリスク

 

リスクヘッジとは?

リスクヘッジとは今後起こる可能性のあるリスクを予測して、できる限りリスクを避ける準備をすることです。つまりリスク回避のことになります。

 

FXでのリスクヘッジとしてできることは、大きな反転などに備えて注文のときに逆指値を入れるということにあたります。また、ポジションを多く持ち過ぎないということもロスカットを起こさないためには大事なポイントです。

 

リスクリワードレシオとは?

リスクとは「危険」、リワードは「報酬」、レシオは「割合」という意味です。リスクリワードとは損失と利益のことを指し、リスクリワードレシオ損失と利益の割合という意味になります。

 

FXのトレードにおいて、勝率も気にしたいところですが、このリスクリワードレシオをどこに設定してトレードルールを決めるかが勝利を獲得するための重要なカギとなります。

 

このリスクリワードレシオは一般的に「平均トレード利益÷平均トレード損失」で表されます。10回トレードして、6勝4敗、6勝で60万の利益、4敗で80万の損失であれば、平均トレード利益は10万(60÷6)、平均トレード損失は20万(80÷4)となります。

 

リスクリワードレシオ=平均トレード利益÷平均トレード損失より

 

10万÷20万=0.5

 

リスクリワードレシオは0.5となります。

 

リスクリワードレシオの黄金比

リスクリワードレシオについて調べていくと、トレーダーさんやブロガーさんはリスクリワードレシオ3がおすすめという意見を多く見ます。つまり平均トレード利益:平均トレード損失=3:1ということです。勝率で言えば、1勝3敗で、とんとんの取引となります。

 

いくら勝率がよくてもリスクリワードレシオが低ければマイナスになります。

 

FX取引での不変の真理「損小利大の法則」を守り、リスクリワードレシオを上げてトレードすることが出来れば、勝利を自分のものとできるでしょう。

 

FXを始めるにあたって|継続するためのポイントとは?

最近読んだ「バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか [ ジョージ・S.クレイソン ]」という本を読み、物語形式でお金とは何か、富を得るにはなにが必要かということを改めて考えました。

 

もちろんお金があれば幸せになれるかと聞かれたら、「必ず幸せになれるわけではない」と思います。しかし、お金がないという悩みは決してなくなるものでなく、お金がほしいという感情はこの先まだまだ消えることはないでしょう。

 

金融において古代の都バビロンの考えと現代の考えはほとんど変わりません。まさに人生の指針と勇気を与えてくれる「黄金の知恵」と感動のストーリーでした。

 

 

その中で「稼いだものの一部を自分のためにとっておく」という考えがあります。

 

給料が20万円あったならば、その10分の1の2万円を使わずとっておく。それを1年間貯めると、24万円になるのでその24万円を使って、お金が増える仕組みに投資する。たったそれだけのことを5年、10年と続ければ、何もせずとも得ることのできる新しい収入の道ができるのです。

 

日々の生活でギリギリでお金を残すのは難しいという意見もありますが、毎月の生活費が10分の1になっても意外と問題なく生活できるそうです。

 

また、大事なのは継続するということ。きちっと目的を持ってそのために行動することを選べば必ず継続でるはずです。私も目的を持って行動することをシンプルに考え、忘れずに進んでいきたいと思います。

 

 

目的を持って行動する

主婦やサラリーマンの方にも人気な副業の選択肢としてのFXです。始めるのは簡単でも、続けるのが難しいです。習い事や楽しいことでも始めるときがモチベーションのマックスで、徐々に落ちていくのが普通です。そして、モチベーションが落ち切ったところでやめてしまう。

 

生活の中で優先度が落ちてやめるならば問題ないと思います。FXを始めるにあたって「お金を稼ぐ」という目的が達成できていれば優先度は下がります。しかし、モチベーションが下がり、そのためにやめてしまう。これはかけた時間やお金の面でも非常にもったいないことです。

 

モチベーションを上げるためにはどうすればいいでしょうか。

 

方法はたくさんありますが、一番は始めた目的を忘れないことが本質的には大切です。

 

そのモチベーションを維持するための具体的方法やFXの基礎から応用まで、一般誌には書いてないテクニカルの使い方まで見ていただける無料マニュアルをご紹介いたします。

 

無料ですが、充実の内容となっております。

 

↓無料ダウンロードはこちらから↓

毎月60万の利益!GENKI FX マニュアル

他にも無料で有益な情報を得る場合はこちらのサイトもおすすめです。


info-zero


 

【限定配布】初心者でもできる!FX自動売買の無料ツールで月利40%の副収入を得る?
管理人プロフィール

副業FXデイトレーダー

ミート

皆様、初めまして副業デイトレーダーのミートと申します。本業以上に収入を得て、精神的・経済的にも自由な生活を送るため、FXを本気で勉強しています。裁量トレード・自動売買などFXの可能性は無限に感じていて、私のFXに関する情報は全てシェアしたいと考えています。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 人気ランキング2冠達成!

『FX 副業投資家  1位』

『FXの基礎知識  1位』

みなさま応援いただき感謝したいます!

FX口座数-国内第1位-DMMFX



全てが高スペック。
FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

人気EAを無料で使用できる!インヴァスト証券 シストレ24

インヴァスト証券 シストレ24 口座開設
インヴァスト証券 シストレ24 口座開設
インヴァスト証券 シストレ24 口座開設?|?fx-on.com
インヴァスト証券のミラートレーダー『シストレ24』には、fx-on.comの人気ランキング上位のEAが多数登録されていて、その数はどんどん増えています。

初心者にもプロトレーダーにもオススメの外為ジャパン!



最短約5分で入力完了!
お取引まで最短翌日!

ベスト・FXブローカー賞受賞!

みんなのFX 口座開設
みんなのFX 口座開設
みんなのFX 口座開設?|?fx-on.comドル円など主要通貨のスプレッドは業界最狭水準!

最近の投稿

ページの先頭へ